海外

カンボジアでの生活の予算とは?プノンペン在住経験者が語るリアル!

投稿日:

みなさんカンボジアというとどのようなイメージをお持ちでしょうか? 

地雷・内戦・貧困・・・など「負」のイメージを持つ方が多いのではないでしょうか。そもそも生活できるの?と疑問に思っている方もいるかもしれません。

それでは、今回は第1弾として実際にカンボジアに3年在住していた筆者の経験から、生活とその費用の実態をお伝えします。

スポンサーリンク

カンボジアの食事

カンボジア料理とは?

 

カンボジア料理は、簡潔に言うとタイ料理をまずくしたような、レモングラスを中心としたスパイスがよく効いた料理です。

ただ・・・

実際に住んでいると、カンボジア料理を食べることはほぼないです。笑

理由は2つ。

  • 1つは、美味しくない(日本人のテイストには合わない)。
  • 2つ目は、値段が高いです。

私もローカルフードに慣れ親しもうと努力しましたが、よほどホテルでないと、独特のスパイスの香りとともに、味がボケてる印象です。
そして意外かもしれませんが、決して安くないです。

私が食べたこのセット。

なんと$4(450円)でした! そして美味しくない。店先に基本値段が書いてないので、半分ギャンブルで入りましたが、まぁ後悔しましたね笑

ですので基本的には自炊もしくは決まりきったレストラン(食堂)で食べることになります。私もプノンペンに来て3ヶ月で完全自炊生活になりました笑

平均的なコストとしては、中華だと1食$2~、日本食だと1食$5~、ローカルフードのバインミーやクイティウで$0.5~になります。

料理 値段
中華 2ドル〜
日本食 5ドル〜
ローカルフード 0.5ドル〜

ローカルフードも安いとはいえ、栄養が確実に偏ります。特に野菜を食べません。私がプノンペンへ行き、半年後日本に一時帰国して血液検査をした際、医師から栄養不足だと言われてしまいました・・・

ですので、カンボジアでは週の半分以上は日本食を摂り、栄養バランスを考えながら生活していくことをオススメします。

主要都市の食事と予算

プノンペンでの食事

プノンペンは中国人が多く住みついている影響で、美味しい中華料理屋がとても多いです。そして安い。この麻婆豆腐、なんと$2!(約200円)。その他これも$2、コスパ最強です!

また、意外ですが日本食も充実しています。市内中心部だけで10軒くらいはあります。$5~の安いところから、$100以上もする高級料亭のようなレストランもあります。

また、迷ったらイオンに行けば大抵のものは揃います笑

・シェムリアップでの食事

観光都市であるが故、どのレストランも観光客向けの値段設定がされています。ただ、ちょっと奥に入れば$3~食べられるレストランも最近でき始めています。

問題は日本食です。数が1~2軒しかありません。後はホテルなので高くついてしまいます…しかも少ない分高いです。日本食を定期的に食べたいという方にはなかなか厳しい場所と言えるでしょう。

5-6年後にはイオンがオープンする予定なので、それを待つしかないですね笑
ただ、観光地なので基本どこでも英語が通じるのはありがたいですね。

カンボジアの特権は、フランス料理が安いことです。日本だと5千円以上するようなフレンチが、2千円以下で食べられます。味も申し分ないので、食通にはこの上ない環境かもしれません。

まとめ〜食事編〜

  • カンボジア料理は独特のスパイスで日本人好みではない。(観光地やホテルを除く)
  • 中華$2~、日本食$5~食べられる。*シェムリアップでは美味しい日本食は厳しい
  • イオンで食材を買って自炊しよう!
  • フレンチは$20以下で、かなり美味しいものが食べられる。
スポンサーリンク

実際カンボジアの住居ってどうなの? 

予算について

結論から言うと、$200~$300/月といったところでしょうか。

私は会社が用意してくれた一般のアパートに住んでいました。月$300で、家具家電付き。部屋は50㎡ほどあり、一人で住むには広すぎるくらいでした。そして市内中心部にしては格安です。

ただ1点、換気扇がなく、煙が充満してしまい自炊の際は苦労しました(汗)

私の同僚は1Kで月$150のところに住んでました。何回か訪れましたが、セキュリティもしっかりしてますし、一人で住むには充分な設備と広さでした。

一方駐在員が住むサービスアパートメントにもお邪魔したことがありますが、

屋上にはプール・ジム付き、週数回のハウスクリーニングサービスが付いて月$900だそうです。サービスアパートメントは安くても$700以上はするため、現地採用者には厳しい生活になります。

光熱費について

私の場合ですが、月の内訳は以下の通りです。

  • 水道代$0.5
  • 電気代$30~50 (時期による)
  • ガス代$1

電気以外は基本的に安いです。電気は海外から送電しているため、どうしても高くつきます。ましてや毎晩熱帯夜でエアコンをつけずには寝れないので、多いと$50はいってしまいます。

その代わり扇風機で我慢できれば$20くらいは節約できますよ!

ネット環境はどうなの?

Wifiは今基本どこでも付いてます。そして速度も、動画を見るくらいなら問題ないです。街中のカフェもどこも使えますね。日本より断然便利です。

私が住んでいた$300のお部屋はWiFi完備されていました。経験からどのようなアパートやマンションでも備え付けで整備されていますので、安心ですね。

住居を決める方法とは?

日系なので、言葉の面でも安心ですよね。

しかし一番は、就職する会社に聞いてみるのことです。

「前任者が住んでいた」「知り合いの家の一角が空いてる」など、安心を買うことが出来ます。また、もしその物件が気に入らなければ、現地カンボジア人スタッフが協力して一緒に探してくれることでしょう。

一番重要な決め手とは?

ズバリ、「大家さん」です。

?と思う方も居るかもしれませんが、大家さんの人柄によってご自身の生活の安心感が変わってきます。

私の知り合いでは、大家さんに勝手に部屋に入られて現金や貴重品を盗まれたなんてことも多々ありました。人によっては不当な電気代を請求されるなど、外国人だからこそのトラブルもあります。

ですので、家を見に行く際には大家さんに会わせてもらって、どんな人なのかを感じてみましょう。また、英語が喋れる大家さんもいるので、コミュニケーションという意味でも要チェックです!

まとめ〜住居編〜

  • 予算は$200~$300+光熱費
  • ネットはどこでも使える。
  • 大家さんで物件を決めよう!

まとめ

いかがでしたか?

カンボジアでの生活は思ったほど悪くないですよ!カンボジア料理を食べずとも、美味しい中華やフレンチ、日本食もあります。

特にプノンペンにはイオンがあるので、駆け込み寺としていつでも利用できます生活費が安い分、旅行や貯金にお金を回せますね!

ぜひカンボジア生活の参考になれば幸いです。

次回はカンボジアでの休みの日の過ごし方についてお伝えします!

スポンサーリンク

-海外

Copyright© Travelife-トラべライフ- , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.