映画 

【オペレーション・メコン】中国・香港合作の実話を元にした最新映画が超絶おすすめ!

更新日:

最近のアジア映画はやばすぎる!

2017年に公開された中国・香港合作の実話を元にした最新映画を観ましたが、とてもシビれました。もうアジア映画をなめちゃいけませんよ。

今回は僕がハリウッド越えしたんじゃないかと思った映画と、同じ監督が製作したこれから公開される映画のご紹介をしていきますね。2つともかなりおすすめできる作品となっています。

では、見ていきましょう!

スポンサーリンク

オペレーション・メコン

まずは2017年に公開された実話を元にした、中国・香港合作の映画のご紹介です。

この映画の邦題は「オペレーション・メコン」となっていて、中国語では「湄公河行動 Operation Mekong」となっています。名前から察しのいい方は分かるかと思いますが、メコン川が舞台となっている映画なんです。

ストーリーはというと

ミャンマー、ラオス、タイにまたがり、麻薬の密造エリアとして知られる「黄金の三角地帯」。このエリアのメコン河で中国船が拿捕され、乗組員13人が殺された。知らせを受けた特殊部隊が無法地帯へ乗り込んでいくが…。

公式サイトより抜粋

このストーリーだけを見るとこれが実話!?と思いますよね。でも2011年に本当にあったんです。映画では事実を元に少し脚色したそうです。

オペレーション・メコンの見所は!?

ここからは僕がオペレーション・メコンのここが凄い!と思ったところのご紹介です。

  • 実話を元にしているのでリアリティがある!
  • 2時間20分の長尺でもその長さを感じさせない!
  • 映像の見せ方が斬新で見る価値あり!
  • 俳優陣が男らしいイケメン揃い!

まだまだ書けますが、この4つは凄いなと本当に思いました。アジア映画と聞くとカンフー映画やパッとしない映画という印象を持つ方も多いですが、この作品はハリウッド顔負けだと個人的に思いますね。

2時間20分という長尺でありながら途中でダレるということが全くありませんでした。なぜずっと集中して観ていられたかというと、テンポのよさ、静と動のバランス、組織の思惑や組織内の絆など観ていてかなり引き込まれました。

映像でいうとドローンやアクションカムを多く使った新鮮な映像でスタントシーンも極力CGを使わないという姿勢にも拍手を送りたいと思いましたね。アクションシーンも多く日本社会ではあの様な映画は確実に作れないなと思います。アジア諸国でもあの様なことがあったといういい勉強にもなる映画でしたね。

そして製作陣と出演陣がかなり豪華なんです!香港映画などが好きな僕からしたら最初から最後までワクワクが止まりませんでしたね!香港映画で好きな俳優のエディ・ポンが出ていて嬉しかったです。変装すると誰か分からなくなりますけどね(笑)

そしてダンテ・ラム監督製作ということで面白くないはずがないんですよね。ダンテ・ラム監督はこれまでに「激戦 ハート・オブ・ファイト」や「クリミナル・アフェア 魔警」といった有名作ばかり作ってきました。この2つもかなりおすすめですので、気になった方は観てくださいね。

スポンサーリンク

これから公開のオペレーション・レッドシーもヤバすぎ!

そしてまたダンテ・ラム監督が実話を元にした最新アクション映画を製作しました。中国・香港では2017年に公開とのことですが、日本公開はおそらく2018年の春くらいでしょうか?

こちらの映画の邦題は「オペレーション・レッドシー」となっていて、中国語では「紅海行動」となっています。この映画は中国人民解放軍創設90周年記念祭の贈り物となるそうです。中国では「中国初の近代海軍映画」と呼ばれているそうです。

名前から簡単に想像ができると思いますが、今回は海が舞台となっていてイエメン南北戦争を描いたとのことです。撮影は主にモロッコで行われたそうです。中国海軍が撮影に協力したそうなのでかなりリアリティがある映画に仕上がっていると思いますね!これからの日本公開が本当に楽しみですね。

予告編はこちらです。

アクション満載で最高じゃないですか!男は誰でも好きそうな映画ですね。

しかもオペレーション・メコンで主演を勤めたチャン・ハンユーがちらっと写っていますね。おそらく艦長役とかの重役を勤めていそうですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

中国・香港合作の映画のクオリティは凄まじいですよね。実話を元にしたということでストーリーはかなりリアル感がありますよ。アクション映画はハリウッドだけしか観ていない方にはぜひこの「オペレーション・メコン」を観ていただきたいです。本当におすすめですので。

そしてこれから公開される最新作の「オペレーション・レッドシー」も高い評価がつくと思いますので、ぜひ劇場に足を運んでくださいね。

では、また次の記事でお会いしましょう!

スポンサーリンク

-映画 

Copyright© Travelife-トラべライフ- , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.