ベトナム

ハノイ観光のベストシーズンはいつ?最高の天気で旧市街の見どころを巡ろう!

投稿日:

ベトナムのハノイに旅行に行きたいけど、観光のベストシーズンはいつ!?

海外の天気は日本とは大きく違うので天気の問題は大きな悩みですよね。ハノイは旧市街で見どころもたくさんある、歴史あふれる街です。せっかく観光に行くのなら最高の天気で観光をしたいですよね。

今回はハノイ観光のベストシーズンと、旧市街の見どころをご紹介していきますね!では、見ていきましょう!

スポンサーリンク

ズバリ!ハノイ観光のベストシーズンは?

3月〜4月と11月〜12月になります!
なぜこのようなことが言えるかというとハノイの年間の平均気温&降水量の表を見ると丸わかりです!

平均気温 降水量
1月〜3月 16度〜20度 18〜44mm
4月〜7月 24度〜30度 90〜288mm
8月〜10月 25度〜29度 130〜318mm
11月〜12月 19度〜22度 20〜40mm

このような平均気温&降水量になっています。1年を通して日本よりも平均気温は高いですが、降水量がとても多いですよね。ベトナムは暑い国という認識を持っている方が多いですが、ハノイはベトナムの北部に位置していて四季があります。日本のようにはっきりとした四季ではないですが、気温の差が激しいのが特徴です。

3月と4月の平均気温は20度前後で、雨季に入る前の季節になっています。平均降水日数もあまり多くなく、快適に過ごせるかと思います。平均気温が20度前後と言っても日や時間帯によっては、10度台になることもあるので長袖や薄手のダウンがあると急に寒くなっても安心ですね。

11月と12月の平均気温は22度くらいとなっています。降水量も1年の中で一番少なく、降水日数も1ヶ月で6日ほどと雨の心配はいりませんね。ホーチミンのようにはものすごく暑い!という訳ではないので、こちらも長袖などを持っていった方が快適に過ごせますね。

ですので、日本の冬の季節にはハノイ観光に向いているということが言えますね。ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

ハノイの旧市街を巡ろう!

ベトナムの首都はホーチミンと思われがちですが、首都はハノイですよ!大事ですのでしっかりと覚えておいてくださいね!

ハノイは緑と湖に囲まれていて、ホアンキエム湖周辺に広がる旧市街が特徴的な街になっています。世界遺産のハロン湾や陶器の里バッチャンなど、魅力あふれる郊外の人気スポットもあり人気の観光地となっています。見どころ満載の街ですので、行っても後悔することはないでしょう!

ハノイの定番スポット!

ハノイの定番の観光地はホアンキエム湖周辺の旧市街やホム市場、ハノイ大教会などです。

ホアンキエム湖周辺の旧市街はたくさんの人々が行き交い毎日賑わいを見せています。この地域は李朝時代に栄えた城下町で、今もなお当時の面影が強く残っています。通りがいくつかあり、通りごとに雰囲気が違い、庶民の暮らしぶりを強く感じることができます。

ホアンキエム湖にはハノイを象徴する玉山祠があります。湖に浮かぶ玉山祠は、文学・医学・武術の神が祀られていると言われています。一見の価値ありですね!

ホム市場はローカル市場と思われている方もいるかもしれませんが、新市街なんです!大型のショッピングモールや高層ビルなどもたい並んでおり、新旧を感じられるスポットとなっています。

まとめ

ハノイ観光に最適なベストシーズンを書いてきました。

  • ベストシーズンは3月〜4月と11月〜12月!
  • ホアンキエム湖周辺の旧市街は超定番スポット!

ホアンキエム湖周辺の旧市街はいくつかの通りから形成されており、その通りごとに違った雰囲気を楽しむことができます!ホム市場やハノイ大教会も歩いていける距離ですので、ぜひ行ってみてくださいね!

見どころ溢れる街となっていますのでホーチミンやダナンに行ったことがある人は、新たな一面を見ることができますよ。

では、また次の記事でお会いしましょう!

スポンサーリンク

-ベトナム

Copyright© Travelife-トラべライフ- , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.