ベトナム

【ハノイ編】ベトナム夜遊びの定番カラオケの料金や相場を徹底解説!

更新日:

ベトナムの夜遊びの定番といえば「カラオケ」ですよね。

私1ヶ月前までハノイに住んでおり、ハノイのカラオケに関してかなり詳しい自信があります(その理由は後述します)
当ブログでは、夜遊びとしてベトナムの3都市のナイトクラブでの夜遊び情報などを数多く発信してきましたが、実際のところ日本人男性が行きたいのはベトナム夜遊びの醍醐味である「カラオケ」ですよね。

今回はそんな日系カラオケの相場や料金等を徹底解説していきます。

カラオケの女の子と付き合いたい方は必見!

私がハノイのカラオケに詳しい理由

まず、カラオケとは、日本のカラオケ店とは少し違い女の子が隣に座り、一緒にカラオケやお話を楽しむという場所になります。日本でいうところのキャバクラと言われていますが、日本のキャバクラに行ったことがないので比較ができません。

私がなぜハノイのカラオケに詳しいのかを少しお話ししますね。

私、ハノイのカラオケには週3(お店で遊ぶのはこの回数で、ほぼ毎日ママさんや女の子に挨拶はしていました)で通っており、ハノイに住んでいる一般日本人男性よりも詳しいと自負しています(笑)

また、仲のいいママさんから日本人マネージャーとして働いて欲しいとずっと言われていました。帰国した今でもママさんやお店の女の子ともやり取りしています。

現地向けのカラオケと日系カラオケの違い

まずは簡単にこちらの簡単な説明と注意点を書きますね。

現地向けカラオケ

こちらは文字通り、ベトナム人男性向けのカラオケ店になります。
日系カラオケ店との違いとしましては、ベトナム人価格(低価格)であり、女の子は日本語を喋れない、またお店によりますが日系カラオケよりも過激だったりする場所もあるようです。

見分け方としては、日本人通りになく、入り口に黒服のチャラそうな男性が数人いる場合は、現地男性向けのカラオケになります。
はっきり言って、現地向けカラオケ店の方が可愛い子が多いと思います!ですが、このような現地向けのカラオケ店では外国人だけで行くと、ぼったくられる可能性がかなり高く、また治安もいいとは言えませんので決してお勧めしません。

日系カラオケ

こちらも文字通り日本人むけのカラオケ店になります。

日系カラオケ店では、日本人向け価格であり女の子が日本語を喋れる(レベルはまちまち)

見分け方はかなり簡単で、主に日本人通りに位置しており、入り口にはアオザイや学生服などをきた女性が数人立っています。
お店の前を通ると日本語で「どうですか?」や「こんばんわ」などと言われます。特に、日本人通りでは、日系カラオケ店が連なっていますのでかなりの数の女の子がいます。

ハノイでの日系カラオケの場所

ハノイでの日系カラオケが多くある通りは3つありまして

  • キンマー通り
  • リンラン通り
  • ハイバーチュン区の通り
になります。

現地在住日本人男性の中ではキンマー通りとリンラン通りが一番有名だと思います。(実際この2つの通りにはかなりの数のカラオケ店があります)

個人的な意見ですが、最近キンマー通りでは女性が抱きついてきて財布などのスリが多いと大使館より注意があります。現地で遊んでいた身としては、旅行できている方はキンマー通りのカラオケ店では遊ばず、リンラン通り又はハイバーチュン区で遊ぶことをお勧めします。

ちなみにリンラン通りの8割のお店で私の顔が効きますので、お問い合わせでご連絡いただければもっと詳しい情報をお伝えしますよ(笑)

カラオケに行く際にこの本があると、かなり女の子と盛り上がることができます。下手な日本語訛りのベトナム語でも笑ってくれますのでオススメの1冊です。


ハノイでの料金相場

ハノイでの日系カラオケの料金相場としましては

ポイント

  • フリータイム(カラオケ歌い放題)
  • ドリンク飲み放題(ビール、ソフトドリンク、焼酎など)

約100万ドン〜120万ドン(日本円で約5000円〜6000円)ほどになります。

一部のお店はフリータイムではなく、60分や90分制度を導入していますので、ここはお店に入る前に必ず確認してください。確認しない場合、お会計の際に高額料金を請求され揉め事になる可能性があります。
旅行で来た方はもしかすると、少し上乗せされてしまい130万ドンなどになることもあります。

また、初めてカラオケに行かれる方は「女の子へのチップは必要なの?」と思うかもしれません。
こちらは必要ありません。お金に余裕があって女の子と仲良くなりたい方は他の女の子が見えないところで渡すといいかもしれません(あとあと後悔することになると思いますが…)

スポンサーリンク

カラオケでの遊び方

カラオケでの遊び方は、おそらく多くの方は飲み放題のフリータイムで入ると思います。

お部屋に入って少ししたら女の子が10人〜15人が来てお客さんの前で並びます。そこから気に入った子を指名して隣につけて、カラオケスタートということになります。

よく知り合いから「可愛い子を指名したけど日本語が全然喋れなくて辛かった!」と聞くことがありました。
この解決法としては、女の子が並んでいる時に「みんな可愛くて選べないから、自己紹介して」や「日本語検定もっている人いる?」などと聞くと、日本語が堪能な女の子と遊べる可能性がグッと高くなります。

カラオケがスタートしたら、日本のようにカラオケして大丈夫です。ドリンクは女の子が作ってくれます。
ジョイサウンドが入っているお店もありますので、本当に日本のように歌うことができますよ!新しい曲で2016年の曲は確認できました(2018年時点で)

ハノイのオススメの日系カラオケ

カラオケサクラ

ここのお店はリンラン通りに位置しており、リンラン通りの中で姉妹店を3つ持っています。

ママさんや女の子の日本語レベルも高く、対応も丁寧なので気持ちよくお酒を飲んだり、歌ったりできます。
また、私個人的にここのカラオケが一番女の子が多いように思います。

カサブランカ

こちらはキンマー通りに位置しています。

かなり昔からあるようで、現地に長く住んでいるかたにとっては老舗店のような扱いですね。

IF Lounge

こちらはハイバーチュン区に位置しています。

メインの服装は白のアオザイで、接待をしている日本人ビジネスマンを数多く見ました。
女の子の日本語レベルは通訳レベルの子もいましたので、心配はいらないでしょう。また、大勢で行くと女の子がダンスもしてくれますので、大変オススメです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ハノイのカラオケについて少しでも理解できましたでしょうか?
ハノイはホーチミンよりもスレておらず、女の子も素直なので気持ちよく楽しめると思っています。

料金相場も価格の変化は今の所ないですので、日本円5000円ほどでフリータイムで楽しめるのも魅力ですよね!

次回は「カラオケ嬢にモテる秘訣」をご紹介していきます。

↓ベトナムでのオプショナルツアーは『ベルトラ』から!

スポンサーリンク

-ベトナム

Copyright© Travelife-トラべライフ- , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.