ベトナム

雨季の9月は避けて!ホーチミン観光のベストシーズンは?

投稿日:

ベトナム・ホーチミン旅行は9月は避けろ!

東南アジアは雨季というものがはっきりしていて、雨が不安ですよね。ベトナムは南北に長い国で地域ごとに雨季が違います。その点を押さえた上でホーチミン観光の行きましょうね。

今回はホーチミン観光のベストシーズン&なぜ9月は避けた方がいいのかグラフ付きで紹介していきますね。

では、見ていきましょう!

スポンサーリンク

ホーチミンの年間の気温と降水量について

まずはこちらの表をご覧ください。

平均気温 降水量
1月〜3月 26度〜29度 4〜13mm
4月〜7月 28度〜30度 50〜310mm
8月〜10月 27度〜28度 260〜320mm
11月〜12月 26度 48〜110mm

このようになっています。気温は1年中25度以上となっていますね。

夏でも思ったより高くないな、と思ったあなた!体感温度は日本と違うので注意してくださいね。体感温度は35度くらいあると思いますね。ですが、日本と違って変にジメッとした感じはしなく過ごしやすい暑さですので大丈夫ですよ。

気温はどの月でも過ごしやすいですが、気にしていただきたいのは降水量です。表からもわかる通り8月〜10月の降水量がとても多いですよね。ホーチミンの雨季は6月〜7月と9月となっています。その中でも1番降水量が多いのが9月なんです。

このことから、9月のホーチミン旅行はできるだけ避けて欲しいと思っています。雨のホーチミンを見たい方は別ですけど!雨のベトナムもなかなかいいものですよ。

10月からは雨が少なくなっていきます。そして6月の初めまではあまり雨の被害にあうことはないでしょう。気温のことも入れると、ベストシーズンは10月〜4月の間がいいでしょう。日本よりは暑いですが、ベトナムでは気温が下がっている方なので過ごしやすいかと思います。

結論として

  • ホーチミンのベストシーズンは10月〜4月の間!
スポンサーリンク

突然のスコールにはどう対処したらいい?

予定の都合で雨季の時期にしかホーチミンに行けない、乾季の時の突然のスコールにあったなど、こうした場合の対処はどうしたらいいのでしょう?

まず簡単な対策として、リュックに折り畳み傘を忍ばせておく。これは簡単ですよね。ですがデメリットが1つあります。折り畳み傘って意外とバッグのスペースを取っちゃうんですよね。なので僕はベトナムでは持ち歩いてません。

もう一つの対策は、雨が降りそう、降り始めたらカフェなどの屋根がある場所に入ることです。ホーチミンに行った方は分かると思いますが、そこら中にカフェやローカル食堂などがありますよね?雨が降った時は、そこで休憩がてら雨宿りをしましょう。

スコールなので長時間降ることはありません。この方法が1番簡単でカフェなどで次はどこに行こうかという考え事もできるので、オススメの方法ですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ホーチミン観光のベストシーズンや突然のスコール対策は理解できましたでしょうか?僕個人的には雨季と乾季のことはあまり気にしませんが、やっぱり快晴だと嬉しいですね。せっかくの南国のベトナム、いい天気で過ごしたいですからね。

では今回の復習をしましょう。

  • ホーチミンのベストシーズンは10月〜4月!
  • 降水量の多い9月は避けろ!
  • スコールには折り畳み傘や雨宿りで対策を!

この3つを頭に入れておけば、ホーチミン旅行が初めてでも怖くありません。参考までに、9月の中旬に1週間ほどホーチミンに滞在していましたが雨の被害を受けたことはありません。

では、また次の記事でお会いしましょう!

スポンサーリンク

-ベトナム

Copyright© Travelife-トラべライフ- , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.