海外

【元旅行会社勤務】海外旅行保険は加入したほうがいい?クレジットカードの自動付帯でも大丈夫?

更新日:

海外旅行の際にパスポートや航空券、ホテル以外に大事なのは『海外旅行保険』ですよね。

海外旅行保険でも色々な保険会社があったり、クレジットカードの自動付帯などの機能など、たくさんありすぎてどれが一番いいのか分かりませんよね。今回は元旅行会社勤務の私が、海外旅行保険はなぜ大事なのか、クレジットカードの自動付帯で大丈夫なのかを経験談を元にお伝えしていきます。

スポンサーリンク

海外旅行保険は加入したほうがいい?

もし、私がこの質問をされたら迷いなく『Yes』と答えるでしょう。

この海外旅行保険は文字通り海外でのアクシデントに対する保険になります。
多くの方は現地での病気対応がメインと思われていますが、キャリーバッグ破損や盗難にあった際にも使うことができます。(保険会社の規定によりますが)

もし、旅行先で病気になってしまった場合の流れは

  • 病院へ行く
  • 診察を受ける(必要があれば入院)
  • 薬などをもらう
  • 支払い

という流れになります。海外旅行保険に加入している場合は、最後の『支払い』の際にキャッシュレス対応にすることができます。(病院によってはキャッシュレス対応ができなく、日本帰国後に保険会社へ請求し返金というケースもあります)

私は何度も海外へ行っていますが、1度だけ海外旅行保険へ加入しないで行ったことがあります。その際は、事故や病気もなく大丈夫でしたが今考えるととても危険なことをしたな、と思ってしまいます。現在は、毎回海外旅行保険に加入することなくクレジットカード付帯で毎回旅行しています。

私は海外で旅行会社勤務でしたので、海外旅行保険が活躍する場面は数多く見てきました。その中でも1番高額だった体験談をお伝えします。

現地で起きた病気

私が担当していた案件で、急に緊急連絡先へ電話がありました。その内容は『連れが心臓発作を起こした!どうすればいいですか!?』という内容のものでした。

お客さんがその時いたのは、市内から2時間以上離れた観光地で周りは山だらけという場所でした。幸いにもそのお客さんは重症ではなく、意識はあるようで車をチャーターし市内の大型病院へ連れて行くことができました。

病院到着後は私もお客さんに付き添い、検査が始まりました。検査が終了し、診断結果は心臓発作でした。医者からは『今日中にホテルへ帰ることはできない。1日入院し、明日朝一で検査し異常がなかったら退院しましょう』と言われました。

翌日の検査でも異常はなく、お客さんは退院となりました。
ですが、お客さんは残念ながら海外旅行保険に加入しておらず、その結果、診察費用や入院費用で日本円で30万円ほど現金で支払うことになってしまいました。

スポンサーリンク

海外旅行保険は加入する?それともクレジットカード付帯?

現在は、海外旅行保険といってもかなりの数があり、どれが1番対応がいいのか迷ってしまいますよね。

旅行会社のツアーでは海外旅行保険の費用などは、ツアー料金に組み込まれていたり、旅行会社から保険の用紙を渡されて加入するという流れが一般的だっと思います。ですが、個人旅行をする際はどうでしょうか。毎回、空港のカウンターで加入したり、保険会社に申し込んだりしている人もいるかもしれません。

私の経験上、そのようなやり方は損でしかないし、時間や労力も奪われてしまいます。

大手の保険会社へ申し込みすると、大きな安心感を得ることができるのも、よく分かります。私も経験者でしたので。
また、海外旅行保険は空港のカウンターで加入するのと、ネット上で事前に申し込みする場合でも金額が違うんです。私がタイ旅行の際に成田空港で加入したのは約4000円でした。ネットで事前に申し込みすると4割〜5割ほど安くなるみたいですね。

でも、ネット上で申し込みしたとしても2000円はかかってしまいますよね。そこで私が強くオススメしたいのが『エポスカード』になります。
私は今、エポスカードのみの海外旅行保険で旅行をしています。

エポスカードがなんでオススメ?

エポスカードの名前を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか?

なぜ、このエポスカードをそこまでお勧めするかというと、1番大きいのは『年会費が無料なのにも関わらず、大手保険会社と同等の保障を受けられる』という点です。

詳しく書きますと

ポイント

  • 傷害死亡・後遺障害…最大500万円
  • 傷害治療保険…200万円
  • 疫病治療費用…270万円
  • 賠償責任…2000万円
  • 携行品損害…20万円

となっています。
また、この海外旅行保険はエポスカード(VISA)を持っているだけで、海外へ出た時点で発動します。海外旅行保険付帯のクレジットカードは数多くありますが、利用付帯のカードが多く自動付帯でここまでの補償をしてくれるのはエポスカードのみだけだと思います。
利用付帯とは、旅行に関係する航空券やホテルなどをそのクレジットカードで支払いした時のみに、海外旅行保険が有効になることです。

しかも、年会費が無料だけではなく、さらにお勧めできるポイントがあります。

ポイント

  • 即日発行が可能
  • 海外キャシングが可能
  • ポイントがたくさんもらえる

個人的に嬉しいのはこのあたりになります。そのほかにも、全国7000店舗以上で優待や割引が受けられるサービスがあったり、ApplePayに対応したりもしています。

即日発行ができるので、海外旅行1週間前でも焦らずに発行できます。また、海外のATMで日本のようにお金を引き出すこともできますので、現地で現金が足りなくなった時も安心ですね。

エポスカードは店舗でも、ネット上からでも簡単に申し込みができちゃいます!
ぜひ持っておきたい1枚ですので、気になった方はぜひこちらからどうぞ!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

海外旅行保険の大事さや、クレジットカードの自動付帯の保険でも安心できる理由は分かりましたでしょうか。元旅行会社勤務でしたので、海外旅行保険は必ず加入してください!と声を大にして言いたいです。もし、経験談のようなことが自分の身に起きてしまったら、顔面真っ青になりそうです。

また、今回ご紹介した『エポスカード』は年会費無料なのにも関わらず、補償内容が充実していますので、海外旅行の際には必ず持っておきたい1枚ですね!

スポンサーリンク

-海外

Copyright© Travelife-トラべライフ- , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.