ベトナム

LCCのベトナム航空券って安いの?大手航空会社と比較した結果

投稿日:

ベトナム旅行に安く行きたい!

こう思ったことはないでしょうか?旅行会社のツアーでは、物価が安い!近くておしゃれな都市と謳われていますが、物価が安くても現地まで行くのに多額の費用がかかってしまったら元も子もないですよね。

これからのシーズン、夏休みを使ってや、シルバーウィークの休みを利用して行こう!と計画している方も多いのではないでしょうか?日本の大手航空会社から海外の格安LCCまで数多くの航空会社がありますが、どの航空会社が費用を抑えることができ、最短時間で行くことができるのでしょうか。

今回はそんな気になる内容を書いていきます。では、見ていきましょう!

スポンサーリンク

今回の設定

今回は設定として

  • 東京・成田発のホーチミン着&ハノイ着
  • 夏休み(お盆シーズンの8月10日〜14日
  • 大人1名
  • エコノミークラス利用

で調べています。
また、今回比較する航空会社は

  • 全日空ANA
  • ベトナム航空
  • ベトジェット

の三社になります。

全日空ANAの場合

全日空を利用した場合の料金は

・成田ーホーチミン線

往路 61,210円〜81,710円 16:45〜21:20
復路 42,020円〜80,520円 07:00〜15:05

・成田ーハノイ線

往路 43,790円〜98,460円

10:00〜13:50

復路 35,600円〜85,810円 00:20〜07:35

となっています。
なぜエコノミークラスの中でもこのように金額が違うのか、気になった方も多いのではないでしょうか?

エコノミークラスの中にも「value」「basic plus」という2つのクラスがあるそうです。
valueの場合はチケットの払い戻しや予約変更等は不可能のようです。basic plusはというと、変更が可能で荷物の預けの重量なども多いそうです。

またマイルポイントを貯めている方にとっては、basic plusの方がポイントが高くなっているそうなので、嬉しいですね。

往復の料金は、上の表からもわかるように最低でも10万円は必要になりそうですね。

スポンサーリンク

ベトナム航空の場合

ベトナム航空を利用した場合の料金は

・成田ーホーチミン線

往路 47,080円〜66,680円 15:25〜19:25
復路 50,380円〜157,880円 00:05〜08:00

・成田ーハノイ線

往路

66,680円〜67,880円

10:00〜13:50
復路 44,440円〜47,740円 00:20〜07:35

となっています。

この金額を見ると全日空とあまり変わりませんね。
個人的に日本のサービスを機内でも受けたい方は、全日空を選択で、ベトナム航空はCAさんが水色のアオザイを着ていますので機内からベトナムを感じたい場合はベトナム航空を選択するのがいいと思います。

また、ベトナム航空の復路便は深夜ですので深夜便が苦手な方は、全日空を選択する方がいいですね。

ベトナム航空利用の利点は、直行便であり、たまにイベントセールなどをしており、格安航空並みの金額で行くこともできます。金額は安いのに、機体はしっかりとしていますので機内でも快適に過ごせます。(福岡便はモニターが付いていませんので、福岡発は格安航空とあまり変わりません)

ベトジェットの場合

ベトジェット公式サイトより

ベトジェットを利用した場合の料金は

・成田ーホーチミン線

往路

44,000円〜52,000円

08:55〜13:00
復路 11,000円〜12,500円 00:05〜08:00

・成田ーハノイ線

往路 40,000円〜49,000円 09:30〜14:00
復路 12,000円〜13,500円 00:55〜08:00

このようになっています。

やはり上記2社のよりも安くなっていますね。約6万円ほどでいけますね。
今回はお盆シーズンのど真ん中での検索ですが、ベトジェットは往復、通常5万以内で可能です!(体験談です)私は、ハノイから成田まで乗りましたが、航空券+手荷物の重量を35キロまでアップして約6万円ほどでした。
ここで一つアドバイスがあります!ベトジェットのような格安航空会社(LCC)は手荷物の超過料金で儲けています。荷物の重量が気になる方は、事前に多めの設定にしておきましょう。もし、空港のカウンターで超過料金を支払うことになると、約2倍の金額になります。

ただ、ベトジェットは機内にモニターはなく、機内食もありません。機内食をつけた場合はその分料金が上がります。
シートも3列×2列でした。また、前の座席との幅も少しだけ狭かったですね。私は身長が180センチありますが、5時間のフライトでもそこまで大変だと感じませんでしたので、大抵の人は我慢できます。

また、ベトジェットは100円セールなどを積極的に行っていますので、こちらのサイトをチェックするといいかもしれません。
ベトジェットのセール情報をチェック!

大手航空会社に向いている人&LCC利用に向いている人

個人的に思うことを書いていきますね。

大手航空会社(全日空やベトナム航空)利用に向いている人

  • 予算に余裕がある人
  • 機内でも最高級のサービスを受けたい
  • ビジネスクラスで空の旅を楽しみたい方
  • 荷物重量などを気にしたくない人

LCC利用に向いている人

  • 少し狭い席や、モニターがなくても気にしない人
  • 予算を抑えたい人
  • 預け荷物が少ない人
  • ベトジェット利用でCAの制服が見たい人(ベトジェットの制服は可愛いです笑 検索することをお勧めします笑)

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ベトナム航空券の料金を大手航空会社と格安航空会社LCCの比較をしてみました。

思ったよりも航空券値段が高い…と思った方も多いのではないでしょうか?
他のサイト等でチェックするともう少し安く済む場合もありますので、ぜひ色々なサイトをチェックするのをお勧めします。LCCは通常料金も安いですが、セールもかなり積極的に行っていますので、毎日見てみてくださいね!

では、また次の記事でお会いしましょう!

スポンサーリンク

-ベトナム

Copyright© Travelife-トラべライフ- , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.