フィリピン

フィリピン旅行1週間の費用はいくら?格安往復航空券でも快適に!

更新日:

さぁ、夏休みも目前になってきた今日この頃ですが、あなたは夏休みの旅行計画を立てていますか?

私、一足先にフィリピンで夏休みを過ごしてきましたので、実際に1週間滞在してかかった費用をご紹介していきます。ちなみに現地の費用だけでなく、私が取った格安航空券もご紹介しますね。

私が今回訪れた場所はマニラ&アンヘレスですので、セブ島の情報は記載しませんが、費用面ではほぼ同じですのでぜひ見ていってくださいね。

ちなみに、ベトナム旅行に興味がある方はこちらをチェック!

フィリピン1週間旅行の費用は総額10万円以内だった!

まず結論を書かせていただきますと、1週間滞在(往復航空券+ホテル代+現地費用)して10万円以内でした。

これは格安ですね。本当に。

1週間という日本人にしては比較的長く滞在しましたが、この総額10万円以内という料金で旅行できるのは東南アジアならでは、ですよね。それではこの総額10万円の振り分けをご紹介します!

航空券代

みなさん、成田空港↔︎マニラ・ニノイ・アキノ国際空港の往復航空券の費用はいくらだと思いますか?

ズバリ!私が利用した航空券代は往復で2万5千円でした。この料金は日本国内旅行の航空券よりも安いですね。実際、私の地元は秋田県で、帰省のタイミングで毎年東京から秋田へ帰っていましたが、往復航空券だけで3万円くらいしますからね。

今回利用した航空会社はフィリピン旅行に行ったことがある方はご存知の「セブパシフィック航空」を利用しました。
フィリピンを拠点とする格安航空会社です。格安航空会社でありながら、フィリピンの大手航空会社のフィリピン航空を抜く最大手の航空会社になります。

私の場合は

  • 成田空港→マニラ・ニノイ・アキノ国際空港 1万3千円
  • マニラ・ニノイ・アキノ国際空港 1万2千円

という振り分けでした。この料金にはすでに税金や燃料サーチャージ代金も含まれていますので、追加料金は心配する必要はありません。

格安航空会社を利用する際の注意点

往復航空券が安いのはいいですが、ここで何点か注意点があります。

注意ポイント

  • 席にモニターはありません
  • 座席が大手の航空会社よりも少し狭い
  • 荷物制限などがある

この3点だけは気をつけていただきたいです。
席にモニターはありませんが、フィリピンまでは約5時間くらいですので我慢できるはずです。また席も少し狭い、と言われていますが私は180センチと大柄ですが、全く窮屈さはありませんでした!

一番気をつけていただきたいので、荷物のことになります。このような格安航空会社は荷物の追加料金や食べ物の販売で儲けています。私が今回使ったセブパシフィック航空はて荷物の重量制限が7キロまでで全く心配は必要ありませんでした。

スポンサーリンク

ホテル料金

東南アジアはとにかくホテルが安いんです。日本のビジネスホテルに1万円も払うのはバカバカしくなりますよ。

私が今回滞在したホテルはどれも3,300円です。写真を載せておきますね。ホテルのグレードとしては3つ星程度で、wi-fiの繋がりも良好で朝食付き、市内までアクセス抜群、スタッフもフレンドリーでした。

全く不満はありませんでした。

この料金で6泊しましたので、約2万円ですね。格安すぎる!日本だと2万円払っても5つ星ホテルには宿泊できませんよ!

ここでも注意点があり

注意ポイント

  • 海外の低価格のホテルはよく口コミを見るべし!
  • 日本語でホテル情報を検索して、他の日本人が紹介していればほぼ問題なし!

これができれば、ハズレのホテルを引く可能性はグッと低くなるでしょう。
今回私がマニラで滞在したホテルは「Regency Grand Suites」というホテルになります。建物自体は高級コンドミニアムでその中の20フロア分をホテルとして提供しているという形になっています。

高級コンドミニアムなので、綺麗&セキュリティーがしっかりしていますので、安心でした。また高層階のビルということもあり、眺めも抜群でした。

現地費用

航空券とホテル代を合わせてもまだ5万円からお釣りがきますね。

この現地費用はあとはみなさんの、旅行予算によって前後しますが、騒いで遊ばない限り5万円もあれば1週間は軽く持ちます。

例として

  • ビール75ペソ(約150円)
  • マクドナルドのダブルチーズバーガーセット215ペソ(約430円)
  • トライシクルでの市内移動100ペソ(約200円)
  • 大衆レストランでメイン料理1品と飲み物約200ペソ(約400円)
  • 外国人向けのレストラン500ペソ以上(約1000円から)
このようなイメージで行っていただければ、大丈夫かと思います。

私はフィリピン人の友達と韓国料理屋へ行き、二人でメイン料理を2品+それぞれドリンクで500ペソ(約1000円)となりました。

マックが安かったので、夜バーの帰りによく行っていました。マクドナルドやスターバックスはその国の物価を知るにはいい場所ですよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

フィリピン旅行1週間の費用は少しでも理解できましたでしょうか?旅行は航空券を探している時点からスタートしています!旅行費用を抑えたい方は、先ずは格安航空会社をチェックしてみてください。なるべく早く予約できるようであれば、かなり低価格の往復航空券を手に入れることができます。

また、ホテル費用を抑えたい方は、ホテル予約サイトで口コミをしっかりと見たり、日本人ブロガーの記事を探したりしてくださいね。

皆様のフィリピン旅行のお役に立てれば幸いです。では、また次の記事でお会いしましょう!

スポンサーリンク

-フィリピン

Copyright© Travelife-トラべライフ- , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.