ベトナム

ベトナム最後の楽園「フーコック島」への行き方は?格安旅行でダナンよりワンランク上へ!

投稿日:

ベトナムにあるリゾート地で有名なのはダナンですよね。実はベトナムを代表するリゾート地はダナンだけではないんです。人によったらダナンよりも美しい!過ごしやすい!なんて人もいます。

ベトナムを代表するもう1つのリゾート地はフーコック島と呼ばれる島になります。「島」と聞くといくのが船を使ったりなど面倒だなと思いませんか?フーコック島への行き方と観光スポットなどが気になりますよね。

このフーコック島はホーチミンからもアクセスが抜群で、旅行会社では格安ツアーも組まれるほど手軽に行くことができるんです!今回はダナンよりもワンランク上の旅行ができるフーコック島の行き方&観光スポットをご紹介していきます。

では、見ていきましょう!

スポンサーリンク

フーコック島とは?

フーコック島って初めて聞いた。

という方へ向けて、まずは説明していきますね。フーコック島はベトナム本土の南部西端に位置します。タイランド湾に浮かぶ島になり「最後の楽園」と呼ばれています。その名の通り海は透き通っていて、砂浜も真っ白で近年欧米人を中心に人気を集めています。

フーコック島の気候は5月〜11月までは雨季になり、それ以外は乾季になります。旅行で行くなら春ぐらいがちょうどいいでしょう。平均気温は27度と過ごしやすいですね。島の全周は130キロほどで島全部回ることも可能ですので、レンタルバイクなどでのんびり走るのも気持ちよさそうでいいですね。

この島では古くからベトナムの魚醤のニュクマムや胡椒の生産地として有名でした。そのおかげで大変美味しいグルメなどもあります。格安ツアーも充実していて、安いと3万円から行けるツアーなんかもあります!ビーチリゾートがこの価格で行けるのは本当に嬉しいですよね。

フーコック島への行き方

島となると船を使うところが多いですよね。このフーコック島は空港があるので、船で面倒な移動がないんです。しかもホーチミンからは飛行機で1時間ほどとすぐに行けるんです。だいたい東京から大阪までの飛行時間ですね。

残念ながら日本からフーコック島への直行便は出ていません。日本でフーコック島までの航空券を探すと、ハノイかホーチミンでの乗り換えのセットが出てきます。

この方法が1番楽で簡単ですがせっかくベトナムへ行くのですからフーコック島だけではもったいないですよね。個人的にはベトナム最大都市のホーチミンへ行き何日か楽しんでからフーコック島へ行きたいなと考えてしまいます。

セットで買うのではなく日本からホーチミンまでの航空券を買って、少し日をずらしてホーチミンからフーコック島までの航空券を買ったほうがベトナム旅行を最大限楽しむことができるかと思います。日本でフーコック島までの航空券を取っていなくても、タンソンニャット空港で取ることもできますので気軽に行けますね。

フーコック島の観光スポット

フーコック島は海だけだと思っていませんか?観光スポットとしては

  • サオビーチ
  • フーコック刑務所
  • 胡椒畑の見学&買い物
  • 魚介系のレストラン
  • ユーンドン市場

などになります。では、それぞれ見ていきましょう。

サオビーチ

フーコック島は南エリアと北エリアに分けることができ、サオビーチは南エリアに位置するビーチになっています。フーコック島最大の透明度を誇るビーチになります。ビーチの周りには手つかずの山々などがあり、「最後の楽園」と呼ばれている理由が分かるかと思います。

サオビーチではマリンアクティビティも充実していて、シュノーケリングやジェットスキー、ビーチバレーなどを楽しむことができます。ジェットスキーなどはツアーの予約が必要なく現地ですぐに乗ることができます。

サオビーチの他にはケムビーチと呼ばれるところもあり、こちらは観光客はあまり知らないビーチで穴場のビーチとなっています。プライベート感を感じたい方はケムビーチもオススメですね。

フーコック刑務所

刑務所が観光スポット!?と思いますよね。

現在、フーコック刑務所は観光客に歴史を学んで欲しいと言う思いから解放されています。この刑務所はベトナム戦争時代のもので現在はマネキンでその当時の様子を再現しています。

刑務所ということだけあってかなり広いです。中には昔の囚人の暮らしを再現したマネキンや刑を受ける囚人のマネキンなどがあります。結構残酷なものがありますので、苦手な方や家族連れの旅行には向かないかなと思います。

ベトナムの歴史を知るには重要な施設です。ベトナムをもっと知りたいという方にはオススメです。

住所 350 Nguyen Van Cu , Phu Quoc Town , Kien Giang, Viet Nam

胡椒畑の見学&買い物

フーコック島は古くから胡椒の生産地として有名でした。そのおかげでフーコック島には胡椒畑が多く存在しています。

観光客向けに胡椒畑が解放されており自由に出入りすることができます。ですが、無言で入るよりは畑の持ち主にシンチャオ!とあいさつしておきましょう。気に入られたら案内してくれるかもしれませんね。

胡椒畑には胡椒の瓶詰めを売っている畑があります。ぜひお土産にフーコック島の胡椒はいかがでしょうか?価格も5万ドン(約250円)と安いですので買っちゃいましょう!

魚介系のレストラン

フーコック島は海に浮かぶ島ということで漁業が盛んです。市街地やビーチ沿いには魚介系のレストランなどが多くあります。日本ではなかなか食べられない食材もありますのでぜひぜひ食べてみてくださいね!

魚介系の価格ですが量り売りとなっていますので○グラムで○円という感じになります。これはダナンの魚介系のレストランと一緒ですね。シャコなどは日本で見るものよりもすごく大きいですよ。ベトナム人も大きさにびっくりするほど大ぶりの魚介類がたくさんあります。

ユーンドン市場

ユーンドン市場とはフーコック島最大の市場になります。アクセスも空港からとても近い距離にありますので楽々です。フーコック島はコンビニや大型のスーパーなどがありませんので、ユーンドン市場は大事な台所となっているんです。

フーコック島のバクダン通りの橋を渡って市場に行くことになりますが、この橋が開閉式になっているんです。8時から8時半までは通行不可になりますので9時以降に行くのが確実ですね。

市場には魚介から果物まで新鮮な食材がたくさんあります。ベトナムのドラゴンフルーツはとても美味しいですので食べていただきたいです。

上記以外の個人的にオススメの楽しみ方

フーコック島の交通はあまり充実していません。タクシーの数などはダナンなどに比べると少ないです。

タクシーを使うよりはレンタルバイクを使ったほうがいいでしょう。レンタルバイクは1日レンタルしても15万ドン(約750円)ほどとなっています。

レンタルバイクを借りれば島全体を回ることも可能ですので、日本ではできないような体験をフーコック島旅行を機にしちゃいましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか?フーコック島へ行きたくなりましたか?

ベトナム旅行でダナンへ行くのもいいですが、まだまだ日本人が少ないフーコック島へ先に行っちゃうのもアリですよね。フーコック島への行き方もホーチミンから飛行機で1時間という短い時間で行くことができますので楽ですよね。

旅行会社ではツアーも3万円からあり、格安でこのようなビーチリゾートに行けるのはとても嬉しいですよね。観光スポットなども充実しているので海だけではなく色々な場所を楽しむことができます。

これからはもっと観光地化されていくと思いますので、フーコック島のこれからにも期待ですね!

では、また次の記事でお会いしましょう!

スポンサーリンク

-ベトナム

Copyright© Travelife-トラべライフ- , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.