就職・転職

テレビ業界未経験の人がテレビ業界へ就職・転職できるのか?

投稿日:

誰しも一度は憧れるであろう、テレビ業界・芸能界での仕事への就職・転職について元テレビ業界で働いていた僕が、個人的な目線で書いていきます。

多くの方は、テレビ業界は専門的な知識が必要なんじゃないか…、大卒じゃないと局員になれなそう…などなどの疑問が尽きないと思います。

でもそんなことはないです!断言します!
テレビ業界への就職・転職を考えている方は、ぜひ最後まで目を通してください。

スポンサーリンク

テレビ業界でも仕事内容はかなり違う!

まずは「テレビ業界・芸能界の中でも数多くの仕事がある」ということを理解しましょう。

あなたはテレビ業界の仕事と言ったら何を思い浮かべますか?おそらく、若い人が働いていると言ったらADや芸能マネージャー、年齢が高かったらディレクターなどになるかと思います。

それ以外にもかなーーーりの種類があるんです。

  • 編成・制作(プロデューサーやディレクター)
  • 技術(カメラマンや音声、照明、編集)
  • 記者・アナウンサー
  • 営業
  • 人事

などなどになります。おそらく皆さんが想像しているのは初めの3つくらいかと思います。僕も働くまではそのくらいしか知らなかったですからね。

テレビ業界にもテレビ局と制作会社の2種類がある

テレビ業界でディレクターやカメラマンをしていると、一般の方からよく「どこの局ですか?」という質問をされます。

テレビ業界で働くにも

  1. テレビ局
  2. 制作会社

の2種類があるんです。僕が元々働いていた会社は制作会社になります。

テレビ局内の仕事の種類はプロデューサーやディレクター、記者、カメラマン、営業、人事、マスターなどなど数え切れないほどの種類があるんです。これ以上にももっとたくさんの仕事があります。

そして僕がいた制作会社は、何かに特化しているテレビ関連の会社という認識でいいかもしれません。
簡単に言いますと、ディレクターだけが所属している会社、カメラマンや音声だけが所属している会社などになります。

僕がいた会社はディレクターとカメラマン、音声、編集の人がいました。このように皆さんが想像しているのはテレビ局社員の仕事ではなく、制作会社の仕事のイメージが強いと思います。

局社員と制作会社の仕事内容の違い

だいたい先ほどの説明で、局社員と制作会社の仕事の違いが分かったかと思いますが、もう少し詳しく説明しますね。

僕が働いていた時の仕事を受注する流れはこんな感じでした。

  1. テレビ局社員が番組を決定
  2. お気に入りのディレクターへ依頼(局のディレクターか外部のディレクター)
  3. ディレクターからお気に入りの技術へ依頼
  4. 撮影素材をディレクターが編集会社へ依頼
  5. 納品後オンエア

だいたいこんな感じでしたね。もっと間に色々入っていると思いますが…。僕は3を担当していました。

2と3に関しては局社員だけで終わらせてしまうこともあります。テレビ局内にも制作部や技術部が存在するからです。その方が局としても楽そうですからね。
2の局社員のディレクターから、カメラマンはA制作会社のAさんで!という指名も良くありましたね。

僕が感じる局社員のデメリットは、その局の番組の仕事しかできないということでしょうか。それに比べて制作会社は色々なテレビ局の仕事や、ライブやイベント等の技術にも携わることができます。

まとめると

  • 局社員はその局の仕事しかできない
  • 制作会社は色々な局の仕事ができて、ライブやイベント等にも携われる
スポンサーリンク

テレビ業界には未経験でも就職・転職はできる?

はっきり言いましょう。

・テレビ局は大卒で新卒だったら就職できるでしょう!
・制作会社だったら若くて健康だったら未経験でも就職・転職は可能でしょう!

僕はこのように思っています。人事は経験したことがありませんが、常に新人が辞めていって人が足りない業界ですので。
参考までに僕の同期は全員未経験の大卒でした。

テレビ業界は新人が次々に辞めていくので、若い人が育って行かないので必然的に会社の平均年齢が高くなっていきます。そこにやる気があって若い人が来たら、会社は採用しますよね。

ただ!ここで注意してもらいたいことがあります。

未経験でテレビ業界へ就職・転職したのはいいけど、仕事を任せてもらえるのは早くて2年後と考えていいでしょう。それまでは車の運転、荷物運び、掃除、終業後に先輩の技を真似て練習、これしかすることがないと思います。(偏見ですが…。違う会社もあるはずです)

早く業界で目を出すには?

早くテレビ業界で活躍するために、僕なりに頑張っていたことをご紹介します。
ちなみに僕は入社1年以内で地上波の番組の音声をメインで担当していました

ここからは制作会社(技術メイン)のお話となります。

ちなみに僕はテレビ業界の中でも有名な専門学校の出身だったので、それなりに技術や知識はある状態から始まりました。

僕が入社した会社はまずは、ケーブル巻きと機材の名前を覚えることから始まりました。ケーブル巻きに関しては専門学校時代に覚えていましたので、全く苦で半かったです。強いていうなら早くカメラや音声を教えろ!と思っていましたね。

このケーブル巻きは皆さんが知っているのとは少し違います。8の字巻きと呼ばれる巻き方で巻くのがテレビ業界の常識なんです。

この8の字巻きですが、大卒の同期はかなり苦労していましたね。できるようになってもスピードが遅いので、上司からは厳しい言葉が飛んでいました…。しかもケーブルを100メートル以上巻くとなるとかなりの重量になりますからね。

基礎がひと段落してからは、就業時間や休憩時間には先輩や上司へ気になっていること質問し、それを空いている時間に試す。やっていたのはこれだけでした。普通の会社員と違い、腕がものを言う業界ですからね。

そのような姿勢を見せることができれば、上司から簡単な番組はお前を使って見ようかな、と言われるようになります。

テレビ業界で早く活躍したい人は

  • 基礎をなるべく早く覚えて完璧にする!
  • 空いている時間を有効活用して先輩の技を盗む!

まとめ

以上が、元テレビ業界で働いていた僕の意見になります。

テレビ局社員と制作会社では違う面がたくさんあります。未経験での就職・転職に関しては

  • テレビ局は大卒で新卒だったら就職できるでしょう!
  • 制作会社だったら若くて健康だったら未経験でも就職・転職は可能でしょう!

この記事を読んでいるあなたがテレビ業界でもどのような仕事がしたいかによって就職・転職の難易度は変わって来ます。

制作会社は比較的、就職はしやすいはずです。局社員のように給料は良くないですが…。給料などに関してはまた別の記事で書きますね。

スポンサーリンク

-就職・転職

Copyright© Travelife-トラべライフ- , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.