海外

東京オリンピックに参加しよう!東京オリンピックのボランティアの種類は?

更新日:

あと3年もしたら東京オリンピックの開催ですね!生でオリンピックが見れると思うと今からワクワクしますね。

あなたはオリンピックに出たいと思ったことはありますか?あんまりないと思いますが…笑
ちなみに僕は小さい頃スポーツをやっていたので夢見たことはあります。

僕の話はこのくらいにしておいて、誰でもオリンピックに参加できるって知ってましたか?
あまり知られていないと思いますが、オリンピックではボランティアを募集しています。ボランティアといっても種類があります。今回はオリンピックのボランティアの種類や内容を書いていきます。

では、早速見ていきましょう!

スポンサーリンク

オリンピックに参加?どうやって?

オリンピックと言ったらスポーツの祭典ですよね?
オリンピックの期間にはテレビでずっと放送されていますので、知らない人はいないと思います。オリンピックは見るためのものだと思っていませんか?ですが、僕たちも参加できるんです!

その参加方法とはズバリ、ボランティアです!

このボランティアですが2つの種類に分かれます。
その2つとは、大会ボランティア都市ボランティアです。

まずは大会ボランティアから紹介していきます。

名前を聞いて軽く想像できると思いますが、大会ボランティアとは選手の近くでボランティアができます。

詳しい内容は、オリンピック開催中、競技会場や選手村などの大会関係施設での案内・誘導が主な仕事になります。
大会運営において非常に重要な役割とされています。

東京オリンピックでは33競技が行われますが、1つの競技にたくさんの人が必要とされますので、かなりの数のボランティアが必要になりそうですね。

続いては都市ボランティアの紹介です。

都市ボランティアとは、オリンピック期間中には世界各国からたくさんの人たちがやってきます。観光客への観光案内や交通案内などが主な内容です。活動場所は空港、駅、観光スポットになります。

都市ボランティアは世界各国の方達と直接コミュニケーションを取ることができますのでとても刺激的ですね!海外の人たちと触れ合いたい、海外の友達を作りたいという方にはうってつけのボランティアですね!

ですが、東京の地理感がない人やあまり英語を喋れない人にとっては少し厳しいかもしれませんね…。

どうやって応募するの?

ボランティアしたいけどどうやって応募したらいいの?
そういう人は結構多いと思います。

応募方法は、公共財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会に応募します。おそらく特設サイトができると思いますので、参加したい人はこまめにチェックしましょう。募集開始時期は2018年の夏頃に予定されています。

詳しい内容は順次更新されていくようです。

まとめ

誰でもオリンピックに参加できる方法を書いてきました。
その方法とはボランティアで参加する!です。そして、そのボランティアの大きな種類は2つ!

  • 大会ボランティア(大会会場内でのボランティア)
  • 都市ボランティア(日本に来る観光客へのボランティア)

まだ3年後の話ですが募集は来年から始まります。
一生に一度しかこういう体験はできないと思いますので、絶対にやりたい!という方は応募してみてください。

僕も参加してみようかなと思っています!
皆さんで最高の東京オリンピック・パラリンピックを作っていきましょう!

では、また次の記事でお会いしましょう!

スポンサーリンク

-海外

Copyright© Travelife-トラべライフ- , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.