ベトナム

【食費編】これでベトナム観光の費用は解決!ベトナムの物価を日本と比較すると…

投稿日:

ベトナム観光の費用っていくら必要なのか分からない…。

そんな疑問を持っているあなたへ向けて、今回はベトナムの物価と日本の物価を比較していきたいと思います。
ベトナムは物価が安いから大金を持っていかなくても大丈夫でしょ!とお考えの方も多いかと思いますが、はじめに結論を言わせていただきます。

はい!その通り!安いと思います!

例外もありますけどね…。
では、何が日本と比べてどのくらい安いのか一緒に見ていきましょう。

スポンサーリンク

食費について

ベトナムでの観光を考えている方は、とりあえず食費はかなり安いんでしょ?と思われるかもしれませんが、それはローカル食堂の場合ですね。

基本的に旅行に行った際には、ローカル食堂派、おしゃれなレストラン派の二つに分かれると思います。ここがベトナム旅行の際に一番の物価の違いが見れる場面と言ってもいいでしょう。

まずは、ローカル食堂の場合から見ていきましょう。

ローカル食堂の食費

ベトナムの有名な料理と言ったら、フォー、生春巻き、ブンチャーなどが真っ先に思い浮かびますよね。

ベトナム人の方はほぼ毎日のように上記に挙げたようなご飯を食べています。ですので、道端にお店を構えているローカル食堂では、必ずと言っていいほど食べることができるでしょう。

ただ!全種類の有名な料理を出すローカル食堂はありません!基本的にはフォー専門店、ブンチャー専門店など、1種類のみの提供のお店がかなり多い印象ですね。

ブンチャーの価格は?

こちらの写真はベトナム・ハノイのオバマブンチャーと呼ばれているブンチャーになります。元アメリカ大統領が訪越した際に食べたとして世界的にもかなり有名店です。

ここはオバマ元大統領が食べたものをオバマコンボして売っています。
オバマコンボの内容はブンチャー、大きな揚げ春巻き、瓶ビールになっています。
オバマコンボのお値段が、7万ドンほどだったと記憶しています。日本円で約350円ですね。

そのほかのローカル食堂

そのほかのローカル食堂に関しては、もっと安く食べることができます。

こちらの写真はフォーサオと呼ばれる食べ物で、あんかけ焼きそばみたいな感じですね。味もしょっぱい系ですのでビールにも合う!こちらのフォーサオは5万ドンです。約250円ですね。

こちらの写真はバインミーと呼ばれるベトナム版のサンドイッチで、この写真のお店ではないですが、僕がよく行っているのは1つ2万5千ドンです。日本円で約125円ですね。

スポンサーリンク

レストランの食費

レストランと言ってもベトナムにもかなりの数がありますので、ここでは僕がよく行っているお手頃価格で雰囲気もいいレストランのメニューで紹介していきたいと思います。

ベトナムはもともとフランスの植民地ということもあり、フレンチヴィラを改装したレストランなどが数多く存在しています。ベトナムの中では価格は高いですが、日本のフレンチレストランと比較するとこのクオリティがこの値段で!?となります。

ベトナムフレンチでの平均的なランチの価格は、10ドルほどで食べることができます、ベトナムドンにすると23万ドンでしょうか、日本円では約1200円くらいですね。

日本のフレンチのランチはもうちょっとしますよね。海外でフレンチを食べると、雰囲気とその国独特の創作なども加わりかなり美味しく感じますので、オススメです。

僕が行っているレストラン

こちらの写真は僕がハノイで何回か行っているフレンチレストランの写真になります。ここはディナーで3品+ワインで60万ドンほどです。日本円で約3000円くらいですね。まぁまぁ高いほうかなと思いますね。

でも味は抜群!日本での飲み会と同じ金額を出してこの味を楽しめるのはベトナムならではじゃないですかね!

まとめ

一通り、食事に関してはこれさえ覚えておけば食費に関してベトナム観光の際に悩むことはないでしょう!

ベトナムの物価と日本を比較すると、確かに安いです。ローカルに行った際にはかなり安く費用を抑えられます。ただしレストランでは日本と同様かそれ以上のお店もかなりありますので、そこだけ注意してくださいね。

この記事がたくさん読まれるのであれば、ホテル情報やお土産などの物価の比較もしたいと思います。

では、また次の記事でお会いしましょう!

スポンサーリンク

-ベトナム

Copyright© Travelife-トラべライフ- , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.