ベトナム

【体験談あり】ナンパしやすいのはどっち?ホーチミンとハノイの女の子の性格を比較!

投稿日:

ベトナムの女の子は日本人よりも可愛い!ベトナムの女の子をナンパしてみたい!

こう思っているのは僕だけではないはずです。ですが、ネット上にはホーチミンとハノイの女の子の性格はかなり違うと載っていますよね
私はホーチミンの女の子とハノイの女の子の両方とお付き合いしたことがあるので、その体験談&写真を含めて、性格などの違いを書いていきます。

ナンパ成功体験談は、最後に記載しています。
では、早速いきましょう。

スポンサーリンク

そもそもベトナムでナンパはできるのか?

まず、ホーチミンの女の子とハノイの女の子の性格を比較する前に、『ベトナムで日本人がナンパは成功するのか』について書いていきますね。

ズバリ、成功します!

ですが、前提条件がいくつかあります。
私はベトナム・ハノイに住んでいましたので、たくさんの日本人がベトナム人をナンパするのを見てきました。

ナンパ成功に必要な条件とは

ポイント

  • ナンパする人がカッコいい
  • ベトナム語または英語が話せる
  • ユーモアがある
  • 相手が日本に対して感心・興味がある

この4つが大事になってくると思います。実際、これらの条件を満たしている人は年齢にかかわらず、かなりの確率で成功しています。
この4つに当てはまっていない方も多いと思います。次の項目からは、ホーチミンとハノイの性格の違いをお伝えしますので、その性格に合ったアプローチで成功する確率はグッと高くなると思います。

ホーチミンの女の子の性格

まずはじめに、ベトナムの商業都市であるホーチミンの女の子の性格からです。

よくネット上では、ホーチミンの方がオープンな性格なので絡みやすいと言われています。これはその通りで、西洋文化や欧米の観光客の増加の影響で日本では想像できないほどオープンで軽いノリで話すことができます。(特例はありますが…)

その他に私が感じた点は

ポイント

  • 擦れている子も多い(色々な国籍のイケメンを見ているので求めるレベルが高い)
  • 積極的にボディータッチをしてくる
  • 英語や日本語を話せる人が多い
  • 話しかけると気軽に返してくれる

大きく感じた点は以上の4点になります。

擦れている子も多いですが、その中には素直な子もいるので見極めが必要です。
見極め方は意外と簡単で、日本フェスティバルに来ていて、着物の体験着付けをしていたり、クラブで女の子同士で壁際でドリンクを飲んでいる子が狙い目です。逆にどんなに綺麗でもドレスを着てクラブにいる子などは、基本的に外国人に興味がない子が多いのでナンパは避けましょう。

日本に関係しているイベントに来ている子は高い確率で日本語を喋ることができますので、こういう子には日本語でナンパした方が女の子は喜びます。
また、ホーチミンには日系カラオケも多くありますが、擦れている子が多くてベトナム生活に慣れていない方は、あまり相手にされないでしょう。現地在住であれば顔を覚えてもらってから、アプローチするようにしましょう。

最近では、Tinderを使ったナンパ方法が主流になりつつあります。この方法はまた別のページで詳しく書いていきますが、とにかく可愛いと思った女の子は右にスワイプしましょう。リアルナンパと違って直接話す必要がないので、簡単にマッチします。その後はメッセージでやり取りをしてアポを取りましょう。
ただ、その日のうちにアポを取るのは難しい場合があるので、中・長期戦になります。ハノイの女の子よりは積極的でオープンな女の子が多いので、午前中に連絡を取れば、夕食を一緒に取ることも簡単です。

カラオケの女の子へのアプローチの方法はこちらのページをご覧ください。

スポンサーリンク

ハノイの女の子の性格

対して、ベトナムの首都であるハノイの女の子の性格はホーチミンとは違い、真面目でガードが固いと言われています。
これもその通りだと感じました。ただ、一度ナンパが成功したり、付き合う関係になると一途で自分だけに心を開いてくれるイメージです。

私が感じたメインの性格を書くと

ポイント

  • 真面目でガードが固い(日本人に近い感じ)
  • 素直な子が多く、擦れている子は少ない
  • 一度話すとかなり心を開いてくれる

この3点ですね。

ホーチミンの子と違い、ナンパが難しいかもしれません。その分、成功した時の見返り?はホーチミンよりも大きいです。
真面目でガードが固いイメージなので、飲み屋でただ話しかけても素っ気なく返されるか、無視される可能性もあります。

個人的な意見ですが、なぜこのようにガードが固いのかは、相手を慎重に選んでいるからだと思います。恋人関係になると、本当に他の男性とは関係を持ちません。また、連絡も何度もしてくる程甘えてきます。

ハノイでナンパする場所のメインは、クラブ、日本食屋、マッサージ屋(健全な方)、日本イベントがメインになってくるかと思います。
日本イベントとクラブでのアプローチはホーチミン同様で大丈夫です。日本食料理屋や日本人が多く通うマッサージ屋は、日本語が堪能な女の子が多いので、簡単に楽しく会話することができ、連絡先も聞くことができます。

ホーチミンとハノイで大きく違うのは、日系カラオケの女の子です。ホーチミンは擦れている子(言い方は悪いですが、お金目当ての女の子が非常に多いです)が多いのに対してハノイは、素直な子が多い印象なので、誠実にアプローチすればとびきりのお金持ちじゃなくても(駐在員じゃなくても現地採用の人)恋人関係になることができます。

この点が非常に大きいので、個人的にはホーチミンよりもハノイの方がナンパ成功率が高いです。
ハノイのカラオケ情報を知りたい方はこちらをどうぞ!

ちなみにカフェが多いベトナムですが、カフェ内でナンパするのは基本的に難易度が高いです。ベトナム語が堪能であれば、確率は高いですが…。

ナンパ成功した体験談(ホーチミン)

あれは、ホーチミンでのある晩でした。

私はナイトクラブが好きなので、いつものように1人でナイトクラブに繰り出していました。
その中で2人で飲んでいる女の子がいました。当時の私は英語が少ししか話せませんでしたが、ノリで『ヘーイ!2人とも可愛いね!現地の人?』と話しかけました。どっちも明るく話してくれ、最終的にはショートカットの女の子といい感じになりました。

しかも、その場でハグしたりと大胆でした(笑)その子の友達は雰囲気を察したのか、先に帰ってくれました。その後はクラブから出て、アコースティックライブをしている飲み屋に行きました。そこで仕事の話や、昔の恋人のことなどたくさん話しました。その子は以前にも日本人と付き合ったことがあるようで、結婚するのは日本人がいいとのことでした。

その後は、私の滞在先へ行きました。そして次の日は、一緒にデートして有名な台湾のマンゴーかき氷を食べたり

その後は縁結びや、インスタ映えスポットで有名なピンク色の教会や大きなショッピングモールに行きました。

夜ご飯はルーフトップバーで食べて、お酒も飲んでまた私の滞在先へ戻るという流れでした。翌日は私はフライトでハノイへ戻ることになっていたので、朝方にバイバイしてその関係は終わりでした。

今は恋人関係ではありませんが、たまに連絡を取り合っています。
このようにホーチミンの女の子は積極的でオープンな子が多いイメージです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ベトナムの女の子は、ホーチミンとハノイでかなり性格やアプローチ方が違うんです。
ナンパは相手の性格を瞬時に見抜いたりしないと成功しません。まずは、どちらの性格が自分に合っているか確認して、旅行先を選びましょう。

また、自分磨きも忘れずにしましょうね!

スポンサーリンク

-ベトナム

Copyright© Travelife-トラべライフ- , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.