ベトナム

【ベトナム旅行】ベトナム語でありがとうはカムオンと発音します!その他は?

更新日:

今回はベトナムでこれだけ言えれば大丈夫!っていうベトナム語を教えていきますね!ベトナム語なんて旅行に行くまで話したこともなかったですが、僕でも1日で覚えられました。今回は、簡単でしかも役に立つベトナム語の基本のご紹介です!

僕も現在ベトナム語を勉強中なので、皆さんに教えつつ僕も復習していきたいと思います。

スポンサーリンク

ベトナム語の前に

ベトナム語の練習をする前に、僕がベトナムに行った際にi Phoneで軽く撮った動画をまとめてみました!

 どうですか?行きたくなりましたか?この動画を作ってる時に、「あー、めっちゃ行きたい」ってなりました!是非この動画で、行きたい!ベトナム語を勉強しよう!と勢いづいていただきたいです。 

ではやって行きましょう!

日常会話

簡単な2つから覚えていきましょう。

この2つを覚えたらはっきり言って、旅行に行けます。

  •  Xin chào(こんにちは)  シンチャオ
  • Cám ơn(ありがとう) カムオン

とりあえずこの2つは覚えましょう!

 ホテルに行った時や、お店に入った時は笑顔でシンチャオ!と言いましょう。皆さん笑顔で返してくれますよ!この挨拶だけで日本との国民性が違うのが分かります!笑

 次はカムオンです。

これは、ありがとうなので自分がありがたいなって思ったら言いましょう。僕はタクシーに乗るたびにおっちゃんに言っています。 

言えたら役に立つ言葉

ベトナムのホーチミンなどでは日本よりも英語が通じます。ですがせっかくベトナムに行っているので、ベトナム語でコミュニケーションを取りたいですよね。次の言葉を覚えると役に立ちますよ。 

  • Xin loi(ごめんなさい)  シンローイ
  • Hẹn gặp lăi(またね)  ヘンガップライ
  • Ngon (美味しい)  ンゴーン
  • Nòng(暑い)  ノーン

ここら辺ですかね!

シンローイ(ごめんなさい)は、謝る場面で使いましょう。例えばお店でグラスを割ってしまったとか…。

ヘンガップライ(またね)は、バイバイの言い方で使いましょう。さようならの意味の言葉もあるのですが、またね!の方が印象がいいですよね。

ンゴーンは、もう料理を食べて美味しい時に言いましょう!お店の人も喜んでくれますよ!その後、お店の人と話が進んで仲が良くなるかも!笑

ノーン(暑い)は、ベトナムはとても暑いので会話の中で使う機会が多いかもしれませんね!

覚えてみましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ベトナム語の基本的な挨拶や、単語を書いてみました。僕は今単語+文法もやっています。文法は英語と同じですので、英語を習っていたので理解しやすいです!それでも難しいですが…。ベトナム語は世界でも大変難しい言葉と言われています。

覚えるのは大変かもしれませんが、単語を少し覚えるだけで旅行がさらに楽しくなりますので覚えてみましょう! シンチャオ、カムオンは絶対に覚えましょう!基本の挨拶ですからね。

 では今日はこの辺で!

スポンサーリンク

-ベトナム
-,

Copyright© Travelife-トラべライフ- , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.