ベトナム

【2019年最新版】ベトナムの夜遊びにオススメな都市はホーチミン?ハノイ?

投稿日:

最近はベトナムで夜遊びをする方も増えてきましたね。

タイは不動の人気ですが、日本人が多すぎたり、料金が上がったりと少し行きづらいのが個人的な意見です。

ベトナムでもホーチミンとハノイの2大都市がありますが、実際はどちらが夜遊びに向いている都市なのか、疑問を持っている方も多いのではないでしょうか?

今回は私が1年以上現地に住んで感じた、夜遊びの違いや、夜遊びにオススメの都市を紹介していきます。

スポンサーリンク

夜遊びはホーチミンかハノイか

日本国内ではベトナムというと『ホーチミン』の印象が強いと思います。

ですが、ベトナムの首都はホーチミンではなく『ハノイ』なんです。結構、首都を間違えて覚えている方も多いですね。
実際、私が初めてベトナムに行ったのはホーチミンでした。

では、ざっくりとホーチミンとハノイの都市の特徴を書いていきますね。

ベトナムの首都ハノイ

先ほども記述した通り、ベトナムの首都はベトナム北部に位置するハノイになります。

首都なので政府関係の機関や建物も多くああります。また、ホーチミンよりも警察を見かける機会も多いと思います。

ベトナムは世界でも少数の『社会主義』を政策しています。そのため、少し怖いイメージがあります。
特にハノイではこの印象が強く、警察や政府機関に逆らうことができません。

政府のお膝元ということで、多くの飲食店も22時前後で営業終了することが多いですね。

ですが、私が実際にハノイに1年半ほど住んでいましたが、夜遊びや夜間の飲食に困ることはあまりありませんでした。
ローカルの飲食店などは22時前後に閉まることが多いですが、マクドナルドや日本食料理店、西洋風の料理屋などは24時前後まで営業している場所も多くああります。

街並みに関しては、ホーチミンとは違い、まだまだベトナム情緒ある町並みと近代的なビルが目立ちます。
個人的には日本の京都のような印象を受けました。歴史や落ち着いて過ごしたい方には、ハノイは打って付けの都市でしょう。

日系企業も多く、約1万人の日本人が住んでいると言われています。

ベトナム最大の商業都市ホーチミン

ハノイは北部の大都市ですが、ホーチミンはベトナム南部に位置するベトナム最大の商業都市になります。

社会主義ではありますが、ホーチミンは社会主義の香りがほとんどしません。これはベトナム戦争の影響ですね。

ハノイとホーチミンの両方に行ったことがある方はわかるかと思いますが、ハノイとは違い近代的な建物が多く、夜はたくさんのネオンやライトで煌びやかな街になります。

ホーチミンが首都と言われても信じてしまうほどハノイよりも発展しています。

ホーチミンで有名なレタントン通りやブイビエン通りなどは日本人や外国人を相手にしていますので、かなり遅い時間までオープンしているお店(飲食店や夜遊びスポットを含めて)が多いです。

私もホーチミンで飲み会が終わった後に、深夜2時頃にレタントン通りでラーメンを食べましたね。

色々な国籍の人たちが、たくさん集まっているのでハノイよりも治安は少し悪くなっています。
また、営業許可をしっかりと取っていなかったり、違法営業などもあるので、検挙や逮捕されるお店があるのも現状です。

ホーチミンにも日系企業の数が多く、約2万人の日本人が住んでいるとされています。

スポンサーリンク

 

ベトナムの夜遊びの種類

では、ハノイとホーチミンの夜遊びの違いを書く前に軽く夜遊びの種類を記述します。

  • カラオケ
  • マッサージ
  • ホテル内のバー
  • ナイトクラブ

この3種類が基本的なスタイルになります。

そのほかにも色々な形態がありますが、初心者の方や慣れていない方は難易度が高いでしょう。

メッセージでお問い合わせしていただければ、いくらでもお答えいたします!

ハノイの夜遊び事情

ハノイの夜遊びスポットはホーチミンほど数は多くはないものの、ちゃんと存在しています。

カラオケ、マッサージ、ホテル内のバー、ナイトクラブなどなんでもあります。
ですが、政府のお膝元ということもあり、営業時間も24時前後までとなっています。

ホーチミンのレタントン通りとは違い、お店の前での客引きもしつこくありません。

公安対策の影響でマッサージ店では、お店の前で客引きをしていません。そのため初心者の方は少し入りづらかったり、お店を見つけるのも難しいかもしれません。

ホーチミンの知り合いにハノイは本当に遊ぶところが難しいと言われますが、個人的にはホーチミンの夜遊びよりもハノイの夜遊びの方が楽しいですね。

また、日本人出張者に有名な『フォーチュナホテル』があるのもハノイです。このホテルはホテルの地下にバーがあって、その女の子をお持ち帰りできるというものです。
ハノイから2時間ほど行くと『幻の岬のドーソン』も行くことができます。

ポイント

  • 夜遊びスポットの数…ホーチミンよりは少ない
  • 営業時間…24時前後が多い

以上がハノイの夜遊び事情になります。

やはり、公安対策の影響で大々的にはやっていません。
ですが、遊ぶところは数え切れないほどありますので、ハノイの落ち着いた雰囲気が好きな方はハノイで遊ぶのがオススメです。

ホーチミンの夜遊び事情

ホーチミンはベトナム最大の商業都市なので夜遊びスポットもかなりの数があります。

ブイビエン通りはタイのカオサンロードのような感じで、通りの左右にたくさんのバーやマッサージがあります。
ただ、タイのようにゴーゴーバーはないので期待しないでくださいね。

ゴーゴーバーはないですが、ホーチミンのガールズバーやマッサージ店では本番行為が黙認されているのが現状です。
ベトナムのニュース等でもバーなどが摘発されたという報道されていますので、オススメはしませんが気になる方は試してもいいでしょう。

日本人街のレタントン通りでは、アオザイ姿のベトナム美女がカラオケやバー、マッサージの客引きをたくさんしています。1店舗当たりに3、4人の女の子がいるのでハノイよりも積極的な印象を受けます。

ベトナム夜遊び初心者の方は、ホーチミンのレタントン通りに行けば簡単にカラオケやマッサージで遊ぶことができるので敷居は低いです。

ホーチミンではハノイよりも簡単に本番行為ができます。
料金はショートで約200万ドン(約1万円)、ロングが約300万ドン(約1.5万円)となっています。

ポイント

  • 夜遊びスポットの数…かなり多い
  • 営業時間…カラオケ店は24時前後、ナイトクラブやバー、マッサージは翌日の4時前後まで

以上がホーチミンの夜遊び事情になります。

手っ取り早く、ベトナムの夜遊びを体験したい方はホーチミンの方が向いていると言えますね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回お伝えした内容をまとめると

ハノイは

ポイント

  • 夜遊びスポットの数…ホーチミンよりは多くはないが、それなりの数はある
  • 営業時間…24時前後が多い
  • 特徴…ホテル内バーやドーソンなどの変わったスポットがある。ハノイの落ち着いた雰囲気で遊びたい方にはオススメ

ホーチミンは

ポイント

  • 夜遊びスポットの数…かなりの数がある
  • 営業時間…カラオケは24時前後まで、ナイトクラブやマッサージ等は翌日の4時前後まで
  • 特徴…比較的簡単に連れ出すことができる。タイのような繁華街で遊びたい人向け。ベトナム夜遊び初心者向け。

以上が今回のまとめになります。

個人的にどちらの都市も甲乙がつけ難いですが、ハノイに住んでいた私としてはハノイの夜遊びの方が好きでしたね。

ぜひ、参考に行ってみてくださいね。

スポンサーリンク

-ベトナム

Copyright© Travelife-トラべライフ- , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.