ベトナム

ホーチミン観光をしながらベトナム戦争の歴史を学ぼう!

更新日:

今回はベトナム、ホーチミン市にある観光スポットを書いていきます。特に戦争博物館について詳しく書いていきますね。ベトナム戦争は記憶に新しいと思います。教科書でしか見たことがない人が多数だと思いますので、現地で実際に見ていただきたいです。

では早速紹介していきますね!

スポンサーリンク

ホーチミン戦争博物館

はじめに簡単にベトナム戦争に概要について書いていきますね。

ベトナム戦争は1960年から1975年にかけて行われた戦争です。1951年にフランスはベトナムを再植民地化しようとします。これが第一次インドシナ戦争と言います。インドシナ戦争とはフランスとベトナムとの戦争だったのですが、アメリカとソ連の代理戦争でもありました。この時アメリカとソ連は冷戦状態だったんですよね。

この戦争の後にベトナム戦争が起こります。そしてアメリカは政治的介入でベトナムを南北で分けてしまいました。ベトナム内の、北部がソ連側、南部がアメリカ側になります。ところが南ベトナムの政権が腐敗して民衆は不満を抱きます。そして南ベトナム解放戦線ができました。北の支援を受けてどんどん悪化していきます。

1963年に南ベトナムでクーデターが起き政権が崩壊します。アメリカはそこをつけ込まれベトナム全土が共産化するのを恐れ武力介入していきます。これがベトナム戦争を簡単にまとめたものになります。もっとベトナム戦争について知りたい方は、「プラトーン」という映画がオススメです。

では、戦争博物館について書いていきます!この博物館はホーチミンの観光を調べるとトップに出てきますね。ここはベトナムの歴史に深く触れられるのでとってもオススメです!

この写真のように当時の戦争で使われた戦車があります。僕はこの時に初めて戦車を生で見ました!めちゃくちゃ大きくてびっくりしました…。こんなのが何台も来たら倒れそうです。

次はこちらの写真です!当時のヘリコプターと戦闘機になります。このヘリコプターはベトナム戦争の番組を見ていた時に何度も登場していたので、生で見ることができて感動というかこれに乗って兵士は移動していたんだなと思いました。撃ち落とされた兵士も多く怖い気持ちになったのを覚えています。

博物館の中には、写真などが飾っており見ていると嫌な気持ちになる写真もありました。これが戦争なんだなって、思いました。平和について考えさせられる、いい経験になりました。中の写真は撮っていないのでご自分の目で見ていただきたいです。日本にいると平和ボケしてしまいますよね。日本の近くで30〜40年前までこのような戦争が起きていたんです。

暗い話はこのくらいにして次にいきましょうか!

サイゴン大教会

次はホーチミンの観光スポットだったらコレ!と言っても過言ではないサイゴン大教会についてです!

少し天気は悪かったですが、いい写真を撮ることができました!ベトナムは元々、フランス領地なので街にフランスの名残があります。このサイゴン大教会もその象徴ですね。

ここも行く価値大アリです!とにかく綺麗です!赤レンガでできているので日の当たり方で表情が変わる建物です!夕方に行ったらさらに綺麗に見えるかもしれません。

日本にいると結婚式以外ではあまり教会に行く機会はないですよね。ベトナム旅行を機に教会へ行ってみましょう!毎週日曜日にはミサをやっているそうなので日曜日に行くことをオススメしますよ。

さあ、気になる中は…

こんな感じで入り口を入って横に大きな窓ガラスがあります。写真を撮るにはぴったりですね!このカップルのように教会ってカップルで行ったら絵になるんですよ。ぜひ恋人との旅行にいかがでしょうか?

まとめ

こんな感じで主要な観光スポットの戦争博物館とサイゴン大教会の紹介と感想を書いてみました。観光だけでなくその国の歴史も学ぶことができるので人間的に成長できる気がします。日本での戦争はみなさん気にすると思いますが同じアジア圏でもこのような戦争が起こっていたことは認知していただきたいです。この記事がみなさんのベトナム旅行のお力になれたら幸いです!

では、また次の記事でお会いしましょう!

スポンサーリンク

-ベトナム
-, , , , ,

Copyright© Travelife-トラべライフ- , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.